広告 メンタルヘルスマネジメント

就活で差をつけるメンタルヘルスマネジメント検定の利点

※アフィリエイト広告を利用しています


 就活を控えた多くの学生が、将来にわたるキャリアの成功を願って資格の取得に目を向けています。メンタルヘルスの重要性が増す中、この資格が就職活動にどのような利点をもたらし、どの場面で履歴書に記載すべきか、その有効期間はどれくらいなのか、そして試験の難易度や、どういった職種に役立つのかといった具体的な情報が必要です。

 本記事では、メンタルヘルスマネジメント検定があなたの就活にどんなメリットをもたらすのか、また効果的な履歴書への活かし方、そして実際の職場でこの資格を生かす方法について深掘りしていきます。国家資格ではない(投稿時)ものの、その価値は多くの企業に認められており、就職活動での強みになること間違いありません。こうした背景から、就職活動でメンタルヘルス・マネジメント検定がなぜおすすめされるのか、その理由も合わせて解説します。

この記事のポイント

  • メンタルヘルスマネジメント検定の概要
  • 検定の有効期間と履歴書への記載タイミング
  • 就活アピールの仕方
  • 検定の難易度と対策方法

メンタルヘルスマネジメント検定とは?

 心の健康に関わる幅広い知識を身につけ、それを職場や日常生活で活かすことを目指した検定です。特に、ストレスが多い現代社会においては、自身や他人のメンタルケアができる力は非常に価値が高いとされています。これからの社会で求められる「心の健康を守る」知識とスキルを証明する資格です。これは、単に個人のスキルアップを目指すだけでなく、将来の職場においても役立つ重要な資格と言えるでしょう。「日本の資格・検定」AWARDS 2023「年間総合アクセスランキング部門」の第3位に選ばれるほど、需要が求めらる資格でもあります。

 Ⅰ種(マスターコース)・Ⅱ種(ラインケアコース)・Ⅲ種(セルフケアコース)に分かれておりⅠ種は人事労務・経営幹部向け・Ⅱ種は管理監督者向け・Ⅲ種は一般社員向けの内容になっております。合格率・難易度的にも、Ⅰ種>Ⅱ種>Ⅲ種となっております。

Ⅰ種

マスターコース

試験内容選択/論述
試験回数年1回
合格率20.5%
【第35回】 
2023年11月5日(日)
実施

Ⅱ種

ラインケアコース

試験内容選択
試験回数年2回
合格率56.5%
【第35回】
 2023年11月5日(日)
実施

Ⅲ種

セルフケアコース

試験内容選択
試験回数年2回
合格率71.9%
【第35回】
2023年11月5日(日)
実施

 公式サイトは以下となります。

https://www.mental-health.ne.jp/

メンタルヘルス・マネジメント検定試験
メンタルヘルス・マネジメント検定試験

メンタルヘルス検定は国家資格ですか?

 いいえ、メンタルヘルスマネジメント検定は国家資格ではありません。しかし、この資格が示す知識と能力は、多くの企業において高く評価されることが期待されており、国家資格ではないものの社会的な認知度は高まっています。

メンタルヘルスマネジメント検定の有効期間は?

 メンタルヘルスマネジメント検定には特定の有効期間は設けられておらず、一度取得すれば期限なくその資格を有効とすることができます。(投稿時)ただし、メンタルヘルスの知識は常に更新されているため、継続的な学習が推奨されます。

メンタルヘルスマネジメント検定2種は難しいですか?

 メンタルヘルスマネジメント検定2種は、管理職を目指す人にとっての実践的な知識が問われるため、やや難易度は高いとされています。しかし、適切な勉強法と準備をすれば、最短で2週間で取得可能です。具体的な方法についてはこちらをご確認ください。

メンタルヘルスマネジメント検定が就活にもたらすメリット

 就職活動では、自己の能力を如何にアピールできるかが重要になります。メンタルヘルスマネジメント検定を取得することで、応募者が単なる業務遂行者ではなく、職場環境や社員の心の健康に配慮できる責任ある人材であることをアピールできます。

メンタルヘルスマネジメント検定を取得するメリット

 この検定を取得することで、自分自身のストレス管理はもちろん、将来の職場での人材マネジメントやチームビルディングに必要なスキルを磨くことができます。また、面接時には、検定を取得したことによる自己の成長や学んだ知識を具体的な経験や事例を交えて説明することで、面接官に強い印象を与えることができるでしょう。メンタルヘルス・マネジメント検定は、応募者が社会的な問題意識を持ち、積極的に自己研鑽を行う姿勢を持っていることを示す手段となります。多くの企業が社員のメンタルヘルスを重視している今、この検定は強力なアドバンテージになります。

就活にメンタルヘルス・マネジメント検定を活用する方法

 就活生はメンタルヘルス・マネジメント検定を活用して、ストレスマネジメントの重要性や人材の健全な管理に関する議論に参加できます。これは、グループディスカッションや面接での話題提供として、また実際の職場での問題解決のアプローチとして活用することができます。このスキルは、自己管理だけでなく、将来の職場での人間関係構築やチームの健康維持にも大いに役立つでしょう。例えば、ストレスが高まる繁忙期においても、落ち着いた対応ができるよう、ストレス対策を計画的に実施することが可能です。また、仕事のパフォーマンスを持続させるための心理学的アプローチを理解し、実践できる人材として評価されることでしょう。

メンタルヘルスマネジメント検定は履歴書に書けますか?

 メンタルヘルスマネジメント検定は履歴書に記載可能です。実際にはメンタルヘルスにかかわる課題・問題はすべての業界・業種に関わるため、この資格を持っていることが企業から評価されるケースも多く、就職活動においてプラスの影響を与えることが期待されています。

メンタルヘルスマネジメント検定を履歴書に書くべき場面と書き方

 メンタルヘルスマネジメント検定を履歴書に書くべき場面は、その資格が求められる仕事に応募する時、または職務に関連するスキルとして価値を持つ時です。履歴書に記載する際のポイントは、ただ資格名を羅列するのではなく、その資格がどのように職務に活かされるかの具体例を提供することです。また、その資格が就職活動を行う上でどのようなメリットをもたらすのか、自分自身の経験や目指すキャリアパスと関連付けて示すことが重要です。以下にその書き方について具体的な例を挙げます。

応募する職種が人事やチーム管理に関連している場合

 履歴書の資格欄に「メンタルヘルスマネジメント検定」と記載し、職務経歴やスキルセクションで「チームメンバーのメンタルウェルビーングを支援し、生産性の向上に貢献するためのコミュニケーション能力と知識を有している」と付け加えることで、その資格が仕事にどう貢献するかを示せます。

ストレスマネジメントやコミュニケーションスキルが重視される職場での応募の場合

 「メンタルヘルスマネジメント検定合格」と記述し、その下に「対人関係の構築やチーム内コミュニケーションを円滑にし、職場のモチベーションを維持するための実践的なアプローチを学ぶ」と明確に書くことで、職場で直面する可能性のある課題への準備をアピールできます。

メンタルヘルスに関する理解が要求される専門職への応募

 資格セクションに「メンタルヘルスマネジメント検定所持」と記載し、職務経歴書の該当部分で「顧客やクライアントの心理的なニーズを理解し、適切なサポートを提供する能力を身に付けた」と具体化します。

履歴書の免許・資格欄では、資格の正式名称を記載するのがルールです。以下のように記載しましょう。

  • 「メンタルヘルス・マネジメント®検定試験種 合格」
  • 「メンタルヘルス・マネジメント®検定試験Ⅱ種 合格」
  • 「メンタルヘルス・マネジメント®検定試験種 合格」

資格取得におけるオススメの勉強法

以下の順序で実施するのがお勧めです。①は独学の場合には全体を把握するために必要。②は全種で必須だがⅡ種、Ⅲ種は難易度は低めであるため②のみで合格するケースは十分あり得ます。③はⅠ種の場合、記述式の論文があるため数値を含めた正確な情報を把握しておく必要があることから必須となります。

勉強時間の目安としては個人差はありますが、Ⅰ種は120時間~200時間、Ⅱ種は28時間~50時間、Ⅲ種は15時間~40時間となります。

  • 「重要ポイント問題集」または「YouTube」で全体像を把握
    • 要点のみ整理されているため、合格までの必要な知識のみ習得できる
  • 「過去問題集」で得点力を上げる
    • 誤った個所は誤回答に至った理由を明確化しておくこと
    • Ⅱ種、Ⅲ種の場合、スマホアプリ「メンタルヘルスマネジメント検定 秒トレアプリ」を利用するのもおすすめです。
  • 「公式テキスト」で正答を確認する
    • あいまいな理解だと誤解答してしまう問題がいくつか出題されるため、知識を定着化するため
    • メンタルヘルスマネジメントは社会構造や価値観の変化により日々変わっていくため、対応方法についてもその時々に合ったやり方(公式テキストが更新)を把握するため

とても重要! 関連する書籍は必ず試験対象の版に合ったものを購入するようにして下さい!例)「公式テキスト第●版に準拠」の●を確認!

「重要ポイント問題集」全体像を把握!おすすめの書籍

「過去問題集」で得点力を上げる!おすすめの問題集

「公式テキスト」で正確な情報を把握

記事のまとめ

  • 企業が社員のメンタルケアを重視している現代において重要な資格であるため、取得により就職活動の自己PRに役立つ
  • 取得によりコミュニケーションスキルの証明となり、就職面接でメンタルケアに関する意識の高さをアピール可能
  • ストレス管理能力がチームビルディングに役立ち、人事や福利厚生部門への就職においては特に有利
  • Ⅰ種は経営幹部向け、Ⅱ種は管理職向け、Ⅲ種は一般社員(個人向け)で難易度が異なる

-メンタルヘルスマネジメント