広告 不登校

スダチの実績と評価:不登校解決の口コミレビュー

※アフィリエイト広告を利用しています

 不登校問題は多くの家庭で切実な課題となっていますが、スダチ(旧:逸高等学院)というサービスがその解決を支援していることをご存知でしょうか。スダチの実績や評価を明確に伝えることで、このサービスがどのようにして家庭の問題に対処しているのかを掘り下げます。
 スダチの不登校解決の口コミやレビューを通じて、実際にサービスを体験した多くの家庭がどのような支援を受けたのか、その効果の程を詳しく解説していきます。
 この記事を読むことで、スダチが不登校問題にどうアプローチし、どのような成果を上げているのかが理解できるかと思います。

この記事からわかること

  • スダチのサービスがどのように不登校問題に対処しているかが把握できる
  • スダチ利用者の具体的な評価と体験談
  • スダチが提供する支援内容とその方法

スダチ(旧:逸高等学院)の概要

スダチ(旧:逸高等学院)とは

 スダチは、学校への不登校で困っている子どもたちとその家族を対象にした支援サービスです。かつては逸高等学院として知られていましたが、現在はスダチという名称で活動を行っています。
 このサービスの大きな特徴は、子どもたち本人ではなく、その保護者に対してサポートと指導を提供することです。
 つまり、子どもたちと直接関わるのではなく、教育専門家やカウンセラーが親御さんとの対話にて不登校に至った背景を理解しながら、日々の対応策や接し方についてのアドバイスを行い、再登校に向けての具体的なステップを親御さんと一緒に考えるスタンスをとっています。

3つの特徴

  • お子さんとは一切関わらない親御さんへのアプローチのみ。第三者の介入なし。
  • 顔出不要完全オンライン。相談してることをお子さんには知られず素性を明かすことなく不登校を解消することも可能。
  • スダチ独自の考え方「親がすべきことは家庭の状況を整えることであり、家庭の中で不登校は解決できる」

スダチ(旧:逸高等学院)の支援内容

 スダチの提供する支援内容は、不登校の子どもを持つ保護者への具体的なアドバイスと日々のケア方法に重点を置いています。具体的には、保護者へのコミュニケーション方法の指導、子どもの自尊心を高めるサポートの提案、そして家庭内での学習環境整備のアドバイスが含まれます。
 スダチのアプローチは、お子さんが学校へ復帰するまでの日々の心の変化に対応できるように保護者を導くことで、復学を促進します。これには、専門家によるオンラインセミナーや無料相談があり、個々の家庭の状況に応じたカスタマイズされたサポートを行うのが特徴です。

5つのステップ

  • 無料動画を視聴。はじめは無料相談から。不登校の原因や不登校を解消するためのメソッド、再登校サポートの詳しい内容を紹介。
  • 個別の完全無料相談あり。顔出し不要で1対1で悩みや質問に答える。
  • 有料の再登校面談。不登校解決完全マニュアルおよび動画によるサポート
  • 再登校に向けたサポート。日々のメール等でのサポート
  • 再登校までの平均日数は17日。最短日数1日~最長日数65日。再登校できたお子様90%以上(公式HPより。2024年04月14日時点)

無料相談について以下公式HPのリンクを掲載します。ページ内にLINEでの事前相談もあります。

スダチの支援実績:口コミで見る実際の影響

スダチの不登校に対する口コミ:親御さんからの評価

 スダチのサービスについては、多くの保護者から肯定的な口コミが寄せられています。具体的に、親御さんたちはスダチのアプローチが子どもの自立心を養い、家庭内のコミュニケーションが改善されたと評価しています。
 また、専門家による丁寧な指導と心理的なサポートを受けることができたという感想も多く、特に子どもの自尊心を高める助言には感謝の声が上がっています。
 一方で、スダチを利用してもすぐに学校に復帰できないという場合もあるため、短期間での効果を期待するのではなく、長期的なサポートが必要であるとの意見もあります。
 これらの口コミは、不登校の子どもを持つ親御さんが同じような状況にある場合の参考になるかと思います。

スダチを利用した家庭のリアルな声

 スダチを実際に利用した家庭からの声(再登校した親御さんへのインタビュー動画:スダチ公式サイト)は、サービスへの理解を深めるのに大変役立ちます。多くの保護者は、スダチのアプローチが従来の教育機関と異なり、子どもと親への直接的なサポートに重点を置いている点を高く評価しています。
 具体的な例として、不登校だった子どもが自信を取り戻し、学校生活に再び適応できるようになったケースが数多く報告されています。これらの声には、「親としての接し方を見直すきっかけになった」との感想も含まれており、家庭全体の雰囲気が改善されたという効果も伺えます。
 ただし、全てのケースで同様の結果が得られるわけではなく、個々の状況や子どもの性格、家庭環境によってサポートの受け止め方には差があることを理解しておく必要があります。また、サポートを受ける過程での挑戦や困難に直面することも少なくないため、他家庭の体験談を参考にしながらも、各々の家庭に合った最適なサポート形態を検討することが推奨されます。

スダチのサポート範囲

 スダチは、不登校の子どもたちとその家族に特化した支援を提供していますが、そのサポート範囲(サービスの流れ:スダチ公式サイト)には具体的な枠が存在します。主に親への指導とサポートが中心で、直接子どもたちに対する介入は行いません。このアプローチにより、親が子どもの状況を理解し、適切な対応を学ぶことが可能です。具体例として、親が子どもの学校復帰を支援するためのコミュニケーション方法や家庭内の関係改善に関するアドバイスが提供されます。

 しかし、この方法には限界もあります。スダチのサポートは、家庭環境や親の積極的な参加が改善の鍵となるため、親が提案された方法を実践することに消極的であったり、家庭の事情で難しい場合、効果が十分に得られないこともあります。

 また、一部の専門的な心理的な問題や教育的なニーズに対しては、より専門化されたプロフェッショナルの介入が必要となるため、スダチだけで全てを解決することはできません。そのため、場合によっては外部の専門機関やカウンセリングサービスを併用することが推奨されます。

親として知っておくべき不登校の基礎知識

 不登校とは、心理的、環境的、身体的な理由により、子どもが学校に行けない状態を指します。親としてこの現象を理解するためには、まず不登校の一般的な原因を把握することが重要です。多くの場合、学校でのいじめ、過度の学業圧力、対人関係の問題、または家庭内の問題が原因で起こります。これらの問題を理解し、子どもが直面している可能性がある状況を認識することが、対応の第一歩となります。

 さらに、不登校の子どもを持つ親が行うべき具体的な対応策としては、子どもとのコミュニケーションを大切にすることが挙げられます。子どもの感じている感情や考えをじっくりと聞き、非難や圧力をかけずに受け入れる態度が必要です。また、必要に応じて学校や専門家と連携し、子どもの状況に合わせた支援を模索することも効果的です。

 重要なのは、不登校は「病気」や「怠け」の表れではなく、多くの場合、子どもが抱える問題のシグナルであると理解することです。この理解が、適切なサポートへとつながるための基盤となります。

不登校と学習支援:スダチ以外の選択肢

 不登校に対応する際、スダチだけが解決策ではありません。多くの家庭が様々な選択肢から最適な支援を選ぶ必要があります。これには、学習塾、オンライン教育プラットフォーム、そしてメンタルヘルスサポートサービスが含まれます。

 例えば、不登校の子どもたちに特化した個別指導塾や、特定のニーズに対応するオンラインプログラムがあります。これらの塾では、子どもたちのペースに合わせて教育を提供し、学び直しが可能です。また、一部の学習塾は出席扱いや成績認定のシステムを提供しており、学生が学校の成績としてこれを利用できる場合もあります。

 さらに、子どもの心理的なサポートを専門とするカウンセリングサービスも重要です。これらのサービスは、子どもが学校に戻るための精神的な障壁を克服するのに役立ちます。多くの場合、メンタルヘルスの専門家が家庭訪問を行い、子どもと家族全体のサポートを提供します。

 これらの選択肢を検討する際には、子どもの個別のニーズと状況を考慮に入れることが重要です。その上で、スダチのようなサービスを補完する他の教育や心理的サポートサービスを選択することが、不登校問題の包括的な解決に繋がるでしょう。

 いじめで不登校になり子どもとどう接していいのかわからない場合は以下のサイトを参考にしてください。

https://www.tsuushinsei.net/article/futoko-ijime.html

ウェルカム通信制高校ナビ(いじめで不登校になった子どもに親はどうするべき?今すぐ取るべき解決策を紹介)

 また、おすすめの書籍についてもご紹介します。

記事のまとめ

  • スダチは不登校の子どもたちについてその保護者に対してサポートおよび指導を実施する
  • かつては逸高等学院として知られていたが、現在はスダチという名称で活動を行っている
  • 保護者へのアプローチに重点を置いており、第三者の介入なしで対応を行う
  • 完全オンラインで顔出し不要のサービスを提供しており、プライバシーが保護される
  • スダチ独自の考え方として「家庭の中で不登校は解決できる」という理念がある
  • 再登校までの平均日数は17日、再登校できた子どもは90%以上

-不登校